スーパーコンピューター「京」を使うことで天気予報の精度が飛躍的に高まる。ゲリラ豪雨など局地的な天候の急変を事前に通知できるシステムの実現も見えてきた。目指すは2020年東京五輪に向けた実証実験。世界を驚かすことはできるか。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2886文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題