横浜市の港南区に、区役所と消防署が同居する総合庁舎が完成した。その外装は、住宅地に隣接する大型建物のボリューム感を抑えるのと同時に、自然の光や風を活用する環境性能を意匠に生かしたデザインだ。

<b><span class="bp_shoulder_s03">図1</span> 東西に約90mある庁舎のうち、区役所が入る西側。低層住宅地に面するため、高さ10mの位置に大庇を設けて、建物の上下を分節。上階には、自然光を制御する「ライトシェルフ」や、メンテナンス用バルコニーを設けて、軽やかな表情とした。東側(右手奥)に消防署が連続する</b>(写真=安川 千秋)
図1 東西に約90mある庁舎のうち、区役所が入る西側。低層住宅地に面するため、高さ10mの位置に大庇を設けて、建物の上下を分節。上階には、自然光を制御する「ライトシェルフ」や、メンテナンス用バルコニーを設けて、軽やかな表情とした。東側(右手奥)に消防署が連続する(写真=安川 千秋)
[画像のクリックで拡大表示]

 2017年3月21日、横浜市の港南区総合庁舎が、新庁舎への引っ越しを終えた。耐震性能が不足し、手狭になっていた1971年完成の旧総合庁舎から東に100mほど移転した。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2888文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題