福島原発の廃炉に立ちはだかる原子炉建屋の「汚染水」問題。発生の原因は、建屋内に地下水が流れ込み続けていることにある。そこで開発されたのが地盤を凍らせて造る新型の遮水壁。汚染水撲滅の切り札となるか。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り3271文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題