年々、巧妙化するサイバー攻撃によって、重大な情報を盗まれる危険が高まっている。ウイルス対策ソフトなどで悪意のあるソフトの侵入を防ぐ従来型手法では限界がある。発想の転換で「未知の攻撃」をあぶり出す高度な技術が、実用化間近となっている。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2976文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題