クルマの燃費を高めるためには、車体の軽量化をさらに進めるのが最も効果的だ。カギを握る新素材が、アルミニウム(Al)合金やCFRP(炭素繊維強化プラスチック)だ。自動車専門誌「日経Automotive」から最新事例を紹介する。