食品の保存などに使われてきた冷凍技術が革新を遂げようとしている。細胞の組織を破壊せずに冷凍できる物質の商品化や新型冷凍装置の開発が本格化。用途も食品に限らず、臓器移植や航空機の安全確保など幅広い分野に広がってきた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2762文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題