家族が集まるリビングでは、温度設定で意見がぶつかることも多い。家電メーカーはそんな不満を解決しようと「1台のエアコンで複数の風を生み出す」技術を開発。AI(人工知能)を活用することで、個人を識別してその人に適した風を送る。