装着すると目の前に別世界が広がる仮想現実(VR)用ヘッドマウントディスプレー(HMD)。スマートフォンや薄型テレビの技術を転用しながらも、消費者にこれまでにない体験を提供する。2016年はソニーグループなどの大手が新商品を投入。本格的に普及が進む“VR元年”となりそうだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2748文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題