人件費の上昇が著しい中国で、飲食店向きの配膳ロボットが既に活躍している。完璧さを求める日本企業と異なり、機能やデザインも割り切って導入している。日本の電通大の技術を取り入れ、自己位置の特定技術も実装した新世代ロボットも登場した。