住宅内の家電がいつどのように使われているか、簡易な装置で把握する。家電にはそれぞれ特徴的な電流の流れがある。これを手がかりに稼働状況を割り出す。宅配業者から保険会社まで、多くの企業がその情報を活用しようと動き出した。