ROE(自己資本利益率)の重要度は分かっていても、改善策が見つけられない企業は多い。インテリア商社大手、サンゲツは独自の事業効率化策でこの難題に挑んでいる。仕入れから資金回収までの速度を測る指標を使い、事業の改革を進めている。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2555文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題