株式再上場から3年半余り。日本航空(JAL)は今期、過去最高水準の営業利益を稼ぐ見込み。しかし、金融市場では「成長の壁」が意識され、株価も世界のライバル勢より割安なままだ。大規模な航空機投資を控え、資産効率を一層重視する経営が問われる。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2305文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題