M&A(合併・買収)を駆使してグローバル企業に駆け上がった日本電産。だが、その裏で資金の効率活用を図る経営改革にも力を入れてきた。運転資本の圧縮を図る「キャッシュ化速度」指標を基に製造の現場まで変えた。