国内の自動車メーカーの中でも「効率よく稼ぐ」力で群を抜く富士重工業。ここ数年の業績は絶好調ながら、財務体質の強化を優先し、配当など株主還元拡大には慎重だった。自己資本比率50%超えが見えたことで配当増に転換。生産能力増強の投資にも踏み切る。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2191文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題