社会課題解決を目指す起業家が集まる会社がある。現在までに約20の事業を展開。貧困や環境破壊の解決など、“もうからない”はずのビジネスで成長を続ける。

(日経ビジネス2018年9月17日号より転載)

「ビジネスレザーファクトリー」はバングラデシュで製造した革製品を販売する

 これ、お父さんへのプレゼントにしようかな」「この色もかわいいね」──。8月の週末の昼下がり。買い物客でにぎわっていたのは、横浜ランドマークプラザ内の店舗「ビジネスレザーファクトリー」だ。財布や名刺入れを中心とした革製品を扱う。2014年のブランド設立当初はネット通販のみだったが、今では全国に9店舗を構える。年間の売り上げも9億円に育った。

 同ブランドを設立したのはボーダレス・ジャパン(東京・新宿)。田口一成社長は「バングラデシュ人と知り合い、現地を訪ねた。貧しい人々の雇用創出が必要だと感じたのが創業の原点」と語る。

DATA
ボーダレス・ジャパン
2007年設立
本社 東京都新宿区市谷田町2-17
八重洲市谷ビル
資本金 1000万円
社長 田口一成
売上高 43億5000万円
(2018年2月期)
従業員数 893人
事業内容 貧困や環境破壊など
社会課題解決ビジネス
「恩送り」のシステムで業績を拡大
●ボーダレス・ジャパングループの売上高推移

 その言葉通り、バングラデシュに製造工場を建設し、シングルマザーや障害を持った人など最も就職が困難な人を優先的に雇う。今では500人を超える人々が働き、託児所なども備える。文字も読めない人が多い中、「糸を切る担当」など作業工程を細かく切り出し、就労を可能にしている。

 田口氏が革製品に注目したのは、バングラデシュの祭りでは牛が食べられる一方、皮は有効に活用されず、欧州に皮のまま売られている現状を知ったからだ。国内で最終製品にまで仕上げることで付加価値を高め、さらに雇用も生み出す道があると考えた。

 ブランドの特徴は、ビジネス用に特化していること。「ビジネスシーンでは一目で高いと分かるような高級ブランドよりも、シンプルなデザインが求められる。新規参入組でも勝機がある」(田口氏)。エシカルマーケットのような特定の市場に頼るのではなく、適切な市場を探すのがボーダレス流だ。

 さらに、商品企画から生産、販売までを自社で担うことで低価格も実現。名刺入れは2000~4000円程度だ。