明治時代に多くの外貨を稼ぎ、近代化を支えたカイコが、新たな「糸」を生み出し始めた。遺伝子を組み換えると、「繭」にエイズウイルスなどを早期発見できる抗体が組み込まれる。オーダーメード医療にも道を開く新技術を生かすには、製薬会社の協力が欠かせない。

(日経ビジネス2018年9月17日号より転載)

 「いよいよ動き始めたか」。8月31日、ある発表に素材業界はざわついた。日東紡が、遺伝子組み換えカイコを扱うスタートアップのリムコ(沖縄県うるま市)の第三者割当増資を引き受け、33.4%を保有する株主となったのだ。

 1898年に郡山絹糸紡績として事業を始め、明治期の殖産興業を支えた日東紡。創業120年を機に、祖業の絹糸業に回帰するわけではない。狙いはカイコが吐き出すタンパク質だ。特殊な繭を作らせれば、医薬品に使う「抗体」の製造方法が一変する。

 リムコは沖縄県に、遺伝子組み換えカイコを年10万匹生産できる設備を保有。繭から医薬品原料を抽出する技術で、世界の先頭を走っていると目される企業だ。日東紡子会社、ニットーボーメディカルの須釜裕司執行役員は「リムコを仲間にすることで、我々には大きな武器ができる」と話す。

 先進的な取り組みがロシア西部のニジニ・ノブゴロド州で進められている。現地の製薬メーカーが開発する、エイズウイルス(HIV)の早期発見につながる診断キット。原料はリムコがカイコの繭から有効成分を抽出した抗体だ。

 HIVは体内に入ってもすぐに発症せず、数年から約10年の無症候期が続く。この間にウイルスは増殖し、徐々に体の免疫機能を壊していく。免疫力が低下するとカビや細菌への抵抗力が弱まり、人間は感染症に苦しむようになる。早期発見がエイズへの対応のカギだ。

 求められているのは、ウイルスの動きを感知する診断薬だ。わずかな「抗原」にも反応する「抗体」があれば、体調の変化を待たなくても、体内へのウイルスの侵入が分かる。