今秋、無人で水深4000mの海底を探査する国際レースに日本チームが挑む。「チームクロシオ」に8機関・企業の精鋭が集い、探査機の運用や通信技術の高度化を進める。月面や火星表面より不鮮明な地図しかない深海底には、大きなビジネスチャンスが眠っている。

(日経ビジネス2018年7月9日号より転載)

 水深4000mの海底で今秋、もう一つの“ワールドカップ”の決勝戦が行われる。米エックスプライズ財団が主催する、無人ロボットによる海底探査レース「シェル・オーシャン・ディスカバリー・エックスプライズ」だ。

 賞金総額は700万ドル(約7億7000万円)。参加した全32チームのうち、9チームが予選を勝ち抜いた。そこにアジア勢として唯一食い込んだのが、8つの研究機関や企業の精鋭が集結した日本代表の「チームクロシオ」だ。32歳の若さで共同代表を務める海洋研究開発機構(JAMSTEC)の大木健氏は「我々の技術が世界でどこまで通用するのか確かめたい」と意気込む。

エックスプライズ(決勝)の概要

  • 2018年10〜11月に9チームが参加
  • 水深4000mで24時間以内に250km2以上の範囲の海底地形データを収集 その後48時間以内にデータから海底地形図を作製
  • 探査機材は40フィートコンテナ1個に収まるようにする
  • 人間は海上に出てはならない
  • 賞金総額は700万ドル(約7億7000万円)

 勝負を決めるのは、各チームが作製する海底地形図の広さと精度だ。しかし、エックスプライズ財団が示したルールをクリアするのは極めて難しい。

 決勝では海中探査機を水深4000mの海底に送り込み、広さ約500km2の海域を調査する。東京23区(627km2)より一回り小さいほどの範囲だ。このうち最低でも250km2以上の地形を24時間以内に探査して、その後48時間以内にデータから地形図を作って提出する。途中で、海洋生物や海底火山、沈没船などの写真を撮影することも求められている。

チームクロシオ
メンバーは総勢30人以上。今秋の決勝に向け、クラウドファンディングでも広く支援を募っている