大阪大学経済学部准教授。2002年東京大学経済学部卒。2007年、米プリンストン大学経済学部博士課程修了(Ph.D.)、同年から現職。専門はゲーム理論とマーケットデザイン。編著書に『学校選択制のデザイン ゲーム理論アプローチ』(NTT出版)がある。政策研究大学院大学を経て2014年4月から現職。Twitterアカウントは@yagena。

◇主な著書
日本の難題をかたづけよう 経済、政治、教育、社会保障、エネルギー』(光文社新書) 2012
学校選択制のデザイン――ゲーム理論アプローチ』(エヌティティ出版) 2010

※このプロフィールは、著者が日経ビジネス電子版に記事を最後に執筆した時点のものです。