米テキサスA&M大学社会学大学院准教授。米シカゴ大学社会学大学院博士課程修了、Ph.D.取得。ノーベル賞経済学者であるゲーリー・ベッカー教授に師事。ストックホルム商科大学准教授を経て2007年米テキサスA&M大学助教授、2010年から現職。専門は計量社会学,労働経済学。『American Sociological Review』『 Economics of Education Review』『 Journal of the Japanese and International Economies』などに論文掲載多数。



※このプロフィールは、著者が日経ビジネス電子版に記事を最後に執筆した時点のものです。