1996年慶応義塾大学経済学部卒業。98年同大学大学院経済学研究科修士課程修了。三菱総合研究所で主に自動車メーカーや国内外政府機関への調査・コンサルティング業務に従事した後、2003年に同社を退社し、米ピッツバーグ大学経営大学院博士課程に進学。2008年に同大学院より博士号(Ph.D.)を取得。同年より米ニューヨーク州立大学バッファロー校ビジネススクールのアシスタント・プロフェッサー(助教授)に就任。2013年から現職。専門は経営戦略論および国際経営論。

◇主な著書
世界の経営学者はいま何を考えているのか』(英治出版) 2012
ビジネススクールでは学べない世界最先端の経営学』(日経BP) 2015

※このプロフィールは、著者が日経ビジネス電子版に記事を最後に執筆した時点のものです。