1993年早稲田大学政治経済学部経済学科卒業、93年から朝日新聞記者、2001年1月から日経ビジネス記者、2013年から日経ビジネス副編集長。2003年、非営利奨学金団体CWAJ(College Women's Association of Japan)の奨学生に選出され、休職し、学費免除にて2005年米プリンストン大学大学院修士課程修了(公共政策修士、MPP)。ノーベル賞経済学者などによる世界最先端の経済学や経営学、および若手研究者の最新の研究を長年ウォッチしてきた。2016年から2年間、日本経済新聞社の英文媒体Nikkei Asian Review(現Nikkei Asia)に出向。手がけた特集が2017年と2019年のアジア出版者協会賞(SOPA)で最優秀賞を受賞・ノミネート。2018年日経ビジネスに復帰。2021年7月から独立行政法人経済産業研究所(RIETI)エディトリアル・コメンテーターを兼務。

◇主な著書
世界最高峰の経営教室』(日経BP) 2020
危機の時代 伝説の投資家が語る経済とマネーの未来(取材を担当)』(日経BP) 2020
日経ビジネス 日本経済入門(編著)』(日経BP) 2014

※このプロフィールは、著者が日経ビジネス電子版に記事を最後に執筆した時点のものです。