読者の皆様の中には株主総会の実務に携わったことがある方も多いと思います。想定問答づくりやリハーサル、不規則発言を打ち切る動議をどのタイミングで出すかなど、取締役や担当者にとっては緊張を強いられる季節です。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り682文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「編集長の視点」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。