ミャンマー最大野党、国民民主連盟(NLD)のアウン・サン・スー・チー党首が6月10日から中国を初めて公式訪問。11日には習近平国家主席と会談した。民主化の象徴的存在であるスー・チー氏はこれまで、共産党独裁体制をとる中国とは距離を置いていると見られてきた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2024文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「世界鳥瞰(6月22日号)」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。