日本企業の年間売上高の合計(約1350兆円)の1割強を、本社が東京駅周辺の企業が稼ぐ。「10%の街」は過去20年間で商業施設を充実、平日夜や休日も人が訪れる魅力を備えた。ただニューヨークなどは先を行く。世界に比肩する国際都市化へ10年単位の再開発が進む。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り6333文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題