スピーカーやマイクの改良を重ね、難聴者でも聞き取りやすい音響機器を開発した。医療機関や自治体などで導入が進み、海外展開も視野に入れる。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2322文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「フロントランナー 小なれど新」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。