スピーカーやマイクの改良を重ね、難聴者でも聞き取りやすい音響機器を開発した。医療機関や自治体などで導入が進み、海外展開も視野に入れる。