突き詰めれば、今年、企業が直面しているのは株主との新たな向き合い方だ。そこでも先進的な取り組み例がある。「必要な投資と仕入れ先への支払いなどに備えた短期資金を除けば、キャッシュは全て株主に還元する」プラスチック部品メーカー、エンプラスの株主還元の考え方は極めてシンプルだ。液晶LED(発光ダイオード)光源を拡大するプラスチックレンズをけん引役に、同社は2015年3月期までの3年で売上高を91.3%増の397億円、純利益も同7.2倍の79億円に伸ばした。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1810文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 株主騒会」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。