オムロンは2014年10月、約100億円を投じてブラジルの医療機器大手NS社を買収した。ぜんそくなど呼吸器系疾患を治療する「吸入器」のブラジル最大手。買収でオムロンはオランダのフィリップスを抜き、吸入器の世界最大手に躍り出た。ぜんそく患者だけでなく、大気汚染が深刻化する新興国の需要も取り込む方針だ。