オムロンは2014年10月、約100億円を投じてブラジルの医療機器大手NS社を買収した。ぜんそくなど呼吸器系疾患を治療する「吸入器」のブラジル最大手。買収でオムロンはオランダのフィリップスを抜き、吸入器の世界最大手に躍り出た。ぜんそく患者だけでなく、大気汚染が深刻化する新興国の需要も取り込む方針だ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り3706文字 / 全文文字

【春割/2カ月無料】お申し込みで

人気コラム、特集記事…すべて読み放題

ウェビナー・音声コンテンツを視聴可能

バックナンバー11年分が読み放題

日経ビジネス2015年6月22日号 40~42ページより

この記事はシリーズ「特集 株主騒会」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。