液晶テレビ「アクオス」のイメージキャラクターに「きゃりーぱみゅぱみゅ」を起用した。若者に人気のタレントで168万円のテレビを売り込む「ねじれ」は、テレビ事業の迷走を象徴する。「“国策”の8Kテレビを日本で作れるのは自分たちだけ」とのおごりがあるとすれば、再生は危うい。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1350文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題