ファスナー世界最大手が、「質」に加えて「量」も追求する戦略へとかじを切った。品質の良さを武器に金額で世界シェア4割を押さえたが、数量では2割にとどまる。 「このままではジリ貧」という危機感から、攻めあぐねていたボリュームゾーン攻略に乗り出した。