リフレ政策、すなわちデフレを脱却して低インフレで経済成長の安定化を狙う政策は以前から唱えられていた。これが、2008年のリーマンショック以降の世界金融危機に対する、世界各国のマクロ経済政策で本流となっている。