道路や駅など、様々な場所で渋滞を解消するための研究開発が進む。武器となるのは、ビッグデータの解析やIoT(モノのインターネット)だ。東京オリンピックが開かれる2020年には渋滞がなくなるかもしれない。