道路や駅など、様々な場所で渋滞を解消するための研究開発が進む。武器となるのは、ビッグデータの解析やIoT(モノのインターネット)だ。東京オリンピックが開かれる2020年には渋滞がなくなるかもしれない。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り3455文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題