紆余曲折を経て、スカイマークのスポンサーとなり、支援に乗り出す。事業規模では積年のライバル、JALを追い抜いたが、決して安堵はしない。「アジアで頭一つ出る」ために、売上高3兆円の未来を見据える。