朝型勤務で注目を集めた伊藤忠の岡藤正広社長。その原点には、働き盛りで大病を患った経験があった。競争力に直結する従業員の健康。働き方の転換が求められる今こそ、「当たり前」の経営を取り戻す好機だ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り5158文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 時代は「健康経営」」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。