6月7日から2日間、ドイツで開催された主要7カ国(G7)首脳会議(サミット)が閉幕した。首脳宣言では、G7が平和と安定、自由経済の発展、環境問題などに指導的役割を果たし、引き続き世界経済の持続可能な成長を牽引することを確認した。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2063文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「世界鳥瞰(6月15日号)」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。