6月7日から2日間、ドイツで開催された主要7カ国(G7)首脳会議(サミット)が閉幕した。首脳宣言では、G7が平和と安定、自由経済の発展、環境問題などに指導的役割を果たし、引き続き世界経済の持続可能な成長を牽引することを確認した。