再生計画案が提出され、スポンサーと債権者の攻防に再生の焦点は移った。「ノーサイド」と握手を交わしたスポンサー2社は、これまで何度も衝突を繰り返してきた。舞台裏には、ANAの執念が突き動かした、知られざる4つの交渉のヤマ場があった。