「日本創成会議」が東京五輪後の「東京圏」の超高齢化問題に警鐘を鳴らす提言をまとめた。後期高齢者の急増で「介護難民」が続出。医療・介護の人材不足も深刻になると訴える。「不都合な事実」を直視し、地方への移住促進や働き方改革など官民挙げた対応が急務だ。