大阪都構想を巡って実施された住民投票は僅差で否決という結果になった。敗れた橋下徹・大阪市長は政界引退を表明し、長らく続いてきた同構想についての議論は幕を閉じた。