日本年金機構による個人情報流出問題について、いくつかの新聞とテレビメディアは、いまだに、「サイバー攻撃」という言葉を使っている。第一報で、「サイバー攻撃」の見出しを打ったのは、日本年金機構が、そういう説明(自分が被害者であるような情報リーク)をしていた以上、ある程度仕方がないのだろう。