富士の裾野で作られた「黄色いロボット」が世界の工場を席巻している。奇異に見えるビジネスモデルが、孤高の製造業を支える。見た目にひるんではいけない。先入観を捨て、その正体に迫ってみよう。