微細藻類から取り出した油で、バイオ燃料を作る研究が進んでいる。枯渇せず、二酸化炭素削減や食料需給の改善など、メリットも多い。安定大量培養という課題を克服し、2020年の実用化を目指す。