健康なまま長生きする──。超高齢社会に突入した日本にとって最大の課題の一つだ。有力な解決策と期待されるのがロボット。運動と会話をサポートして、介護状態を予防する。将来の巨大市場を狙って、大企業とベンチャーが入り乱れた開発競争が始まっている。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り5532文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「SPECIAL REPORT」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。