1938年創業の老舗タクシーが、京都地裁に民事再生法の適用を申請した。滞納していた社会保険料を納付できる見通しが立たず、自主再建を断念した。負債総額は約10億2000万円。乗務員の雇用を維持しつつ、再建を目指す。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2996文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「敗軍の将、兵を語る」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。