政府は6月、2030年度に向けた温暖化ガス削減の目標をG7サミットで表明する見通しだ。この目標では日本企業のエネルギー技術を生かす機会を逃す恐れがあるという。環境問題の専門家に聞いた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1402文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題