私のキャラクターを一言で表すと、「和魂洋才」です。新入社員の頃に日本の商社で日本企業特有の文化を学び、その後デルやレノボで外資系企業ならではの社風に触れてきました。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1268文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題