TPPを巡る日米の交渉が大詰めを迎える中、米国が要求する農産物の関税引き下げに関心が集まりがちだ。だがスティグリッツ氏は、TPPに盛り込まれているISDS条項こそ交渉各国は認めてはならないと警告する。米企業側に有利に作られており、TPP締結国の社会の在り方、公的司法制度をも軽視した存在だと指摘する。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り4821文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

日経ビジネス2015年6月1日号 106~108ページより目次

この記事はシリーズ「世界鳥瞰(6月1日号)」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。