TPPを巡る日米の交渉が大詰めを迎える中、米国が要求する農産物の関税引き下げに関心が集まりがちだ。だがスティグリッツ氏は、TPPに盛り込まれているISDS条項こそ交渉各国は認めてはならないと警告する。米企業側に有利に作られており、TPP締結国の社会の在り方、公的司法制度をも軽視した存在だと指摘する。