照明の光からデータを受け取る技術の実用化が広がりそうだ。小売りの店舗や広告、道案内など想定される用途は幅広い。街中のあらゆる光が、スマホにデータを運んでくる世界が訪れる。