>東芝は5月22日、テレビや半導体事業でも不適切会計の恐れがあると発表した。第三者委員会が本格調査を始めるが、スケジュールは不透明だ。専門家は調査に「最低でも2カ月かかる」と指摘。最悪だと上場廃止の恐れも出てきた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1345文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題