霞が関の中央省庁は7月以降、幹部人事の季節を迎える。今年は事務次官が大幅に入れ替わる当たり年となる見込みで、政府内での調整が本格化してきた。財務、国交の両省などは順当となる見通しだが、首相官邸の意向を反映するトップ人事も検討されている。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1333文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題