急ピッチで高齢化が進む中国で、政府がついに定年の引き上げに動き出した。長年にわたる一人っ子政策により労働力不足が深刻になる中、年金支給に対する不安も高まりつつある。高齢者1人を若手1人で支える時代の到来が迫っているものの、国民はいまひとつ乗り気ではないようだ。