東洋ゴム工業は5月12日、2015年~3月期の連結決算で免震ゴムのデータ改ざん問題の製品補償引当金として140億円の特別損失を計上したと発表した。これに伴い最終損益は30億6300万円の赤字に転落。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1511文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題